TOPは●●でした→ 楽天ランキングを覗く
楽天市場の 最安値で探す

チペワ エンジニアブーツ

1901年にウィスコンシン州チペワ・フォールズという
チペワ・インディアンが住んでいた町で一番最初のブーツが
作られました。
その事から町の名前をとりチペワと名称されました。
そのチペワが誕生した地域は製紙業が大変盛んであり、毎日
木材を切っては運ぶ伐採作業者の為のブーツとして作られました。



とにかく高品質にこだわりを持っている「チペワ・ブーツ」は
瞬く間にアメリカ全土に知れ渡りました。
第一世界大戦では米軍に「チペワ・ブーツ」を供給してから
今でも使われています。

1950年代頃からアウトドアの流行にのり「チペワ・ブーツ」は
アメリカだけではなく世界へと知れ渡り、世界進出の成功を
果たしました。

今ではあらゆるブーツのブランドがあるなか
「チペワ・ブーツ」を知らない人はいない!!
と言われるほど有名ブランドになりました。

創業から100年近くも経っている現在もチペワはブーツの
最先端として輝き続けています。
なぜなら、昔も今も変わらない新しいものへの開発のこだわりと
実現させる執念こそがブーツの機能性と快適を年々進化させて
いるからなのではないでしょうか。

例えば、独自の専用足型を使ったレディース用のアウトドアブーツ
の製造や断熱材を使用した防寒対策用ブーツの開発など、
沢山のアイデアを全世界のエンジニアブーツファンに与えて
くれました。


エンジニアブーツとは

私はアメリカンに乗っているのでファッションに合わせて
red wingを履いています。

バイク用のブーツだとどうしてもゴツくなってしまうので
普段から履ける物を選びました。
実際に使い続けてわかった事はシフトペダルに当たる場所が
厚い革なので初めは良かったんですが履き込んでいくと革も
馴染んできて若干柔らかくなってくるので、
どうしてもペダルが当たる感じが気になって来ます。

悲しい事に革が馴染むのも早い分、バイクに乗っているということで
馴染むのを通り越して傷むのも早いです…
又アメリカン以外のバイクの場合は足首を曲げた状態で運転するので
足首部分は馴染むまで革のゴツゴツがかなりの負担になって来ます。
不快指数上昇ですね(笑)

もともとエンジニアブーツの足首は曲げる前提で
作られていないので仕方がないんですけど…

エンジニアブーツはバイク専用のブーツではありません。
パットなども入っていないので転んだときの衝撃を和らげて
くれる機能は無いと思ったほうがいいと思います。
そこを理解してエンジニアブーツをバイク用として
履くのであればOKだと思います♪


チペワ エンジニアブーツ

やっぱりエンジニアブーツはチペワかな。
どこのブーツと比べても絶対にカッコイイ!!
レッドウイングも人気が高いけど品質もデザインも
兼ね備えているのはチペワしかない!!

チペワのブーツはビブラム社のオリジナルソールで
AST(米国材料試験協会)の規格を満たしているスチールトゥ
(つま先に入っているカップ)が使われている。
研究を積み重ねて作られたボディクッションのインソールは
人間工学に基づいて開発されたもので、チペワオリジナルの
軽さ・しなやかさ・抗菌抗臭にとても優れている。

そうチペワのエンジニアブーツは一つ一つに意味があり、物語がある。
ただ…雪の積もる土地に住んでいる者にはカッコイイと
欲しいだけじゃ買えない理由がある。
チペワに関わらずエンジニアブーツそのものは雪には弱い…
勿論雨にもですが…

チペワのエンジニアブーツを買ってソールを取り替えるんじゃ意味がない…
雪が降っても履き続けられる自信が持てたら買おうと思っています。


チペワ エンジニアブーツ

テレビの影響もあってスマップのキムタクがエンジニアブーツ
を履いたことで人気が出てきたように思われていますが、
オートバイを乗っている人達にはもっと前から当たり前のように
履かれていました。
むしろ必需品と言い切ってしまいたくなるほどのアイテムです。

定番というものが各ブーツメーカーによってあるみたいですが、
バイカーの間ではどのブランドのエンジニアブーツが人気なのか
エンジニア派としては気になる所です。

バイカーに人気の高いエンジニアブーツのメーカーはチペワ
とウェスコ社だそうです。
チペワのエンジニアブーツの歴史は長いので信用できますよね。
ウェスコ社も機能性はいいのかもしれませんが、値段が高すぎて
なかなか手を出せません。
一足10万円程度はするそうです。。。
その点チペワは買い求めやすく機能性にも値段ではないでしょうか。


最近のエンジニアブーツはデザインも豊富になってきて若い世代
に人気がありますが、レッドウイングのエンジニアブーツは
若い世代だけではなく幅広い年齢層から人気があります。

これはレッドウイングに限った事ではありませんが昔と比べて
種類は豊富にあるけど、やっぱりレディースよりもメンズの
方が沢山あると思います。

元々は男性用のワーキングシューズが始まりなので仕方ない
かもしれませんね。

初めてブーツを買う方の参考になればと思い簡単ですが種類を
まとめてみました。

エンジニアブーツ・・・ジーンズファッションとの相性が最高!!
バイカーには断然人気です。
ウェスタンブーツ・・・モード系のカジュアルスーツにぴったり。
ワークブーツ・・・初心者でも合わせ易い定番のブーツです。
サイドゴアブーツ・・・キレイに決めたい時はこれで!!
ペコスブーツ・・・元祖アメカジです。ブーツはインで履けますよ
ワラビーブーツ・・・夏のアウトドアに最適です。
ミリタリーブーツ・・・機能性重視の方には絶対いい。
カントリーブーツ・・・場所を選ばないブーツなので履きまわし
可能です。
ウィングチップブーツ・・・カッチリ決まるのでビジネスも大丈夫。
レースアップブーツ・・・普段のファッションスタイルがハード
な方にお勧めです。